コンクリート塊選別・破砕分級プラント

コンクリート塊選別・破砕分級プラントシステム
ビルの解体工事等から発生する大量のコンクリート塊等の廃材を、当プラントは選別・破砕・分級処理し、新たに建設資材となる砕石に再生します。
この再生砕石は公共・民間工事に幅広く、数多くのご使用をいただいてます。
現在、わが社の再生砕石の生産能力は西日本一で、1日に10トントラック200台分にも上り、福岡都市圏を中心に、多大なご注文へ確実に対応しています。
コンクリート塊選別・破砕分級プラント
騒音・振動・粉塵を
回避する工場設計


当プラントは選別工場と破砕分級工場で構成されていますが、粉塵と騒音を考慮し、工程は建物内で進められています。大容量の集塵機が屋内の塵を吸収し、働く人の健康を守っています。また建物の壁は厚さ100mmの防音材を使用することで、この業種としては、騒音と振動が極めて少ない工場に仕上げられています。
確実な製品づくりへ。
小さな屑も除去する選別工程


送られたコンクリート塊は、選別工場で磁選機にて鉄筋を取り除いた後、木屑・紙・ビニール等を除去しますが、人の手では困難な小さい屑も、風力を利用した風力選別機の設置で大幅に解決されています。
常に安定した製品の供給を


砕石の製造工程は、第1次~第4次破砕が行われ、製品化されていきますが、わが社では理想的な粒形を作るため、第3次破砕にはインパクトタイプの破砕機を使用し、さらにインバーター制御で、安定した製品の製造を可能にしています。こうして出来上がった製品は、最適含水比に調整して出荷されます。

樋口産業グループ