再生コンクリートプラント

再生骨材Lを用いたコンクリート
現在、わが社では産業廃棄物(がれき類)の中間処理により再生砕石【RC-40・RM-25】を製造・販売しております。
(※コンクリート塊選別・破砕・分級プラントシステム参照)
この製造ラインを利用し、再生砕石を更に分級してできるのが再生骨材L2005です。この再生骨材L2005を骨材の一部として利用し、コンクリートを製造して出来たのが「再生骨材Lを用いたコンクリート」です。
平成16年より出荷を開始し、平成21年にJISA5023「再生骨材Lを用いたコンクリート」のJIS認証を取得。また平成22年には福岡県認定リサイクル製品「再生資源を含有したコンクリート」の認定もいただきました。
再生コンクリートプラント
標準品
捨てコンクリート
裏込めコンクリート
間詰めコンクリート
均しコンクリート …など
仕様発注品
無筋コンクリートブロック
重力式擁壁
ラップルコンクリート …など
認定書
再生骨材Lを用いたコンクリートの種類
種類 粗骨品の
最大寸法(mm)
スランプ
(cm)
呼び強度
(N/mm2
空気量
(%)
塩化物
含有量
18 21 24
標準品 20 8・15・18
塩分
規制品
20 8・15・18 0.30kg/m3以下。
購入者の了承を
得た場合は0.60kg/m3以下
仕様
発注品
20 8・10・12
15・18
4.5(注) 購入者と協議
8・10・12
15・18・21
(注)仕様発注品の空気量:購入者と協議により4.5%±2.0%の説明を行い了承を得る。
再生骨材Lを用いたコンクリートの材料
材料名 種類
セメント 高炉セメントB種※
細骨材 砂(海砂)
粗骨材 再生粗骨材L2005(50%)
砕石2005A(50%)
工業用水
湿和材 AE減水剤(中性能)
※アルカリシリカ反応抑制対策として、高炉スラグの分量が40%以上の高炉セメントB種を使用する。
ACRAC
再生骨材コンクリート普及連絡協議
2010年10月、再生骨材コンクリート普及連絡協議会(ACRAC)が設立されました。公共事業を中心に再生骨材コンクリートの普及を全国的に促進するのが目的です。わが社は、この協議会の九州支部として目標へ向け活動しています。
施設概要
所在地:福岡市東区東浜2丁目5番40号
製造設備:ミキサー/強制二軸型ミキサー(最大容量/2.0㎥)、出荷能力:60㎥/時間
許可:日本工業規格認証番号/GB0809003(平成21年9月16日)
輸送体制:外注

樋口産業グループ